2017.11
10
12


123456789101112131415161718192021222324252627282930
HOMEスポンサー広告石鹸PJT>手洗いイベントのフォローアップ

スポンサーサイト

--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手洗いイベントのフォローアップ

Mon

昨年世界手洗いの日に合わせて行ったイベントの評価もかねて、再度学校訪問をしてみることにしました。

今日いったのはShemoi、Maua、Mvukeの3校。

①Sher moi
イベント当日、Tippy tapをたてることができなかったので、先生と生徒に設置を託していたのですが、今日いってみると、(もちろん)どこにも見当たりません。校長を通して、担当教諭をよんでもらいましたが、忘れていたとのこと。「材料はまだ保管してある。今週金曜日までに設置する。」というので、また来週確認に来ることになりました。

②Maua
イベント当日たてたはずのTippy tapが見当たりません。確認してみると、盗難防止のため、クリスマス休暇前に、校務士さんが倉庫に閉まっており、3か月経とうとしている今日この日まで眠ったままになっていたとのこと。

③Mvuke
この学校でも、イベント当日たてたはずのTippy tapが見当たりませんでした。教頭に聞いてみると、辺りに猿が多いため、全て壊されてしまったとのこと。

今日いった学校は地元企業の支援が入っているので、Tippy tapがなくても問題がない(手洗い場がある)のですが、Tippy tapを紹介した目的は、生徒にその知識を家庭に持ち帰ってもらうこと。サンプルとして、常に目に触れるところに置いておいてもらいたかったのですが、現実は哀しいものです。そしてまた、どの学校の先生も石鹸を継続的に供給するのは現実的に無理だと言っていました。所得レベルの低いエリアから通っている子供たちが多いので、固形石鹸であればもちろんのこと、液体であっても、空のボトルを家からもってきて、中身を盗んでいってしまうそうです。補充しても補充してもすぐになくなると。自分が小さい頃は紙石鹸なんかが流行ったけど、あれは作るのが難しいのだろうか。特殊な機械なしに、作れる方法を知っている人がいれば、ご連絡ください!
スポンサーサイト

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://sumishiori.blog.fc2.com/tb.php/521-cb0f05cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。