2017.11
10
12


123456789101112131415161718192021222324252627282930
HOMEスポンサー広告ケニア生活>さだまさしコンサート

スポンサーサイト

--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さだまさしコンサート

Sun

ナイロビ日本人学校で「さだまさしミニコンサート」が開かれました。現在、映画「風に立つライオン」(2015年春公開予定)の撮影が行われているのですが、そのもととなった曲、小説の作者でもあるさだまさしがナイロビを訪問、無料でコンサートを企画されたのです。こういう機会がないとさだまさしの曲を聞くこともないし、せっかくだと思い、私も上京して聞いてきました。

ヒット曲「かかし」から始まり、在留日本人への美しく、力強い応援歌の数々。当初予定していたのは40分程度だったそうですが、結局のところ、2時間半以上にも渡るコンサートとなりました。クライマックスの「風に立つライオン」は、ナイロビ大学のコーラス部とのコラボ。学生たちの大地から湧き上がるような「アメージング・グレース」のハミングと、さださんの温かくも芯のある歌声が重なったときは、鳥肌が立ちました。感動。途中のMCもとてもおもしろく、予想以上によかったです。私はケニアにきてまだ1年半弱ですが、海外生活の長い人の中には、涙をこぼす人もちらほら。さださんのアフリカへの思い、海外で奮闘する日本人への激励の気持ちが伝わる素敵なコンサートでした。

ちなみに、今日集まった日本人はなんと300人以上。ケニアに住む日本人が600人程度といわれているので、その半数が集まったことになります。写真撮影はなしでしたが、新春1月4日の夜10時からNHK・BSプレミアムで、映画化に関するドキュメンタリーの中で、コンサートの様子も放映されるそうなので、日本の皆さん、よければご覧下さい!
スポンサーサイト

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://sumishiori.blog.fc2.com/tb.php/492-1292f497
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。