2017.11
10
12


123456789101112131415161718192021222324252627282930
HOME>  TotalPages116 next

スポンサーサイト

--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手洗いの歌紹介ムービー完成

Wed

Shermoi primary schoolの生徒と職場の同僚たちの協力を得て、手洗いの歌のショートムービーを作りました。ECDや小学校に配っても再生機がないので意味がないように感じ、これまで作るのを躊躇していましたが、ケニア人ならだれでも知っているJambo Kenyaの曲を使っているだけあって、これはどこで紹介しても子供からお年寄りまでウケます。少しでも心に引っかかっているのなら、任期中にやってしまおうと思い、重い腰をあげてついに作りました。よければご覧下さい。



将来的に活用してもらえるかどうかわかんないけど、保健省と自分の配属先とJICAにコピーを残して帰ろうと思います。
スポンサーサイト

コレラ流行

Tue

2014年12月にナイロビで発生したコレラは、その後もどんどん拡大し、今年5月中旬の情報で、計3234ケース(疑い含む)、死者65名と報告されています。(この国の情報は信用ならないので、もっと多いような気もしますが・・・。)ナイバシャでも、死までは至っていないものの、すでに3ケース確認されています。

ケニアには、路上で焼きもろこしやカットフルーツ、チャパティ、フライドポテト、魚のフライなどをうっている人がたくさんいますが、そういった人たちも保健省から営業停止を言い渡され、最近はほとんどみかけません。(フルーツはカットしていないものであれば販売OKとなっています。)路上販売だけでなく、ケータリングもNGなので、最近はランチも自分で持っていかなければなりません。

しかし、悪いことばかりでもありません。「コレラ予防として、手洗いをしましょう!」と呼び掛けられるので、活動的には追い風です。

マンネリ化

Mon

帰国までちょうど1か月。

石鹸PJT に関して、(当初思い描いてたような)特定のグループを支援するかたちでの活動は難しいと判断してから、できるだけ多くの人にリーチすることを目的に、この数か月間、ひたすら同じような内容のワークショップを行ってきました。でも、どのコミュニティへいっても、反応はだいたい同じだし、ケニア人のライフスタイルや考え方なんかもだいたい分かるようになり、新しい発見や驚き、感動がありません。今ここにおかれていることに感謝しなきゃと思いつつも、変わり映えのない毎日に正直飽き飽き。早く日本に帰りたい、新しいことに挑戦したい、と思ってなりません。1か月でさえも長いと感じてしまうくらい。でもやれることを精一杯やりきるしかない、と自分を戒め、残りのケニア生活、一日一日を大切に、駆け抜けようと思います。

オルカリアスパ

Sat

今日は最近仲良しな友達Nyamburaとヘルズゲート国立公園のオルカリアゲート近くに去年オープンしたスパに行ってきました。

IMG_0937.jpg
→オルカリアゲート

これまでもブログで何回か書きましたが、オルカリアでは地熱発電がおこなわれているところです。そう、冷却に使われた排水が再利用される設計になっているのです。

IMG_0932.jpg
→チケットオフィス前にて。この時点で硫黄の匂いがプンプン。

スパといっても、実際は大きな温水プールのようなかんじです。

IMG_0894.jpg
→左奥、もくもくと煙があがっているあたりが発電所のある場所。

手前は深さ1メートル、奥は深さ1.5メートル。子ども用のもっと浅いスペースもあります。硫黄のにおいが強いだけあって、水質も若干ぬめっとしています。熱すぎず、冷たすぎず、という温度なので、いくらでも浸かっていられます。

IMG_0919.jpg

ちなみに、このスパに入るには、国立公園入場料に加え、スパ利用料も払わなければいけないので、レジデントでもトータル1700ksh(2000円くらい)かかります。ボランティアにとっては気軽にこれるお値段ではありませんが、なかなかよかったです。あーそれにしても早く日本の温泉に浸かりたい・・・。

遅刻の理由

Fri

Kayoleで液体石鹸のワークショップ。朝10時に指定された場所いっても、人の姿が全くありません。まぁよくあること。実際、私にワークショップの開催を依頼してきた張本人Anneがきたのは予定開始時間の1時間半後。だいたいの人が集まって、ワークショップを開始したのは12時。この2年間で待たされるのは相当慣れっこになりました。だから、怒ることもしないのですが、今日、求めてもないのに、Anneが弁解として言ってきた理由が少しおもしろかった。「昨日雨がたくさん降ったから、みんな朝洗濯することに決めたんだ。雨は恵み。私もそうだけど、みんな洗濯していて、遅れているんだ。」と。まぁその通りだとしても、それは人を待たせるのに正当な理由にはなりませんよ、と心の中で思いました。

IMG_0865.jpg
→こちらではたいていの家庭が雨水を貯めています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。